園の施設



                               新園舎竣工に際して





 新園舎着工を検討し始めた時にまず考えたのは、子ども達の思い出となる幼稚園建築とはどのような建物なのか?という事でした。
 幼稚園での子ども達の思い出は建物のようなハード面よりも保育者との関わりやお友達との経験の共有等といったソフト面の方が多くあるのではないかと思います。だからといって新しい園舎をただ新しく安全な箱を作ればいいという事ではなく、何か子ども達の思い出に残れるような夢のある新園舎を建築したい、という考えがありました。その考えを模索していると、新園舎着工を耳にした多くの卒園された方から、「虹の門をくぐって園に通ったことがとても思い出に残っている。」というお話を頂きました。卒園児だけでなく保護者の方からもそういったご意見を頂き、それでは新園舎は皆さんの思い出に残っている虹をテーマとした建物にしようと決め、 「株式会社ジャクエツ」 「アトリエ9設計事務所」 に依頼し設計して頂きました。施工は地元の施工業者の 「松永建設」 にお願いしました。両社のお力によって予想以上に素晴らしい建物を建てる事ができたと思います。
  写真だと分かりにくいですが大ひさしに虹の5色の色ガラスがはまっていて、施設内もそのテーマカラーを随所に使用しています。建物の美観だけでなく内部も保育が安全にできるよう配慮して設計して頂きました。新しい使いやすい園舎でより良い保育をめざして教職員一同頑張っていきたいと思います。 



 

     
     

 正門
オートロックを使用しております。

保育棟
防音格子を使用し近隣へ配慮いたしました。また防犯にも役立っております。
事務棟
事務棟1Fは職員室・給食室・えんじぇる(延長保育)、2Fは体育館とホールになります。
     
 

事務棟エントランス前
大ひさしの下は色ガラスが透けてとてもきれいにできあがりました。この大ひさしによりバス・歩きコース共に雨にぬれずに行き来できるようになりました。

事務棟園庭より
「つるつるおやま」は老朽化してしまったので「キューブ」という新しい遊具を設置いたしました。砂場には暑い日にテントを出しています。
 園庭
旧園舎では3か所に分かれていたお庭を一つにまとめることができました。小運動会などのびのび行えるようになりました。
     
 
大型遊具
旧園舎から使用している遊具です。以前の白い門は移設できませんでしたが、塔の間に虹を渡しました。



土遊びのスペース
泥団子を作ったりお山を作ったりと自由に遊んでいます。 
 
     
 

1F保育室
保育室にはピアノ・52型テレビ・エアコン・空気清浄機が備え付けられています。手洗いは一度に4人が洗えるサイズです。奥の扉は二部屋共用のトイレが備えられています。



1F保育棟廊下
廊下は動きやすく広々と取りました。右側通行が学びやすいよう2カラーで色を分けました。1F廊下はサッシの間口を広くとり、災害時に素早く避難できるよう配慮しました。
 
 
     

 
2F保育室




2F保育棟廊下
奥に非常滑り台があります。
 
 
     


子ども用トイレ
隣り合った保育室で使用しています。保育棟の外壁の3カラー
のピンク・黄緑・水色の3種類です。小学校準備として和式トイレも用意しています。

 


下駄箱スペースは吹き抜けとなっています。右の写真は2Fから見た所です。子ども達に緑を少しでも見てもらおうと植栽を植えました。
 
     
 

体育館
冷暖房完備の広い体育館です。床はスポーツに適した、
膝や腰を痛めない素材となっています。


 

体育館ホール 
     


延長保育専用の「えんじぇる」のお部屋です。施設は保育室と同じです。

 
           
プール
安全に配慮して2Fに設置しました。デッキ部分の素材は
ディズニシーと同じ物を使用しています。手洗い・シャワー部分には屋根があるので見学の子ども達も涼しく待つことができます。

 
     
 


新園舎には給食室ができました。
「子ども達の体にいいものを美味しく楽しく味わって食事をしてもらう。」というコンセプトで平成27年度9月より自園給食を始めます。


   
     
 

夜の園舎です。


   
     


農園 700㎡
さつまいもやじゃがいもを育てています。農園は敷地外の離れた所にありますので園バスを利用します。作物は園庭の畑に一部植えて栽培していますので子ども達はそちらで成長過程を見ることができます。